占いを信じない人もおみくじの結果は気になるでしょ?

占いとおみくじは似ているようで、ちょっと違う性質のものです。
占いもおみくじも、これからの運勢を知るツールと言う部分では共通しているのですが、決定的に違うのは、占い師が存在しているか否かと言う部分です。
占いは占い師に占いを依頼して、自分の悩みや解決したい問題を占って貰うのに対して、おみくじはその年一年の運勢をトータル的に知ると言う事が出来るもの、と言う風にジャンル分けする事が出来ます。
おみくじはそう言った意味では、トータルの運勢を知る事が出来、比較的安価なので、手っ取り早い印象を受けますが、具体的なアドバイスや諭し等はないので、その点が大きく違うかと思います。
占いを信じないと言う女性もおみくじなら手軽でその結果が気になるのではないでしょうか。

おみくじには作法はあるのでしょうか?

おみくじを引く機会と言えば神社や寺院に行った時だと思います。
お参りをする際には作法がありますが、おみくじを引く時には作法はあるのでしょうか。
結論から言えば、おみくじを引く時の作法と言うのは、先に料金を支払って、後はおみくじを引くだけになります。
沢山のおみくじのスタイルがありますが、自分がこれだと思ったものを引く事が良く、それによってトータル的な運勢が分かりますので、ほぼ作法は関係ないと言っても良いかもしれません。

おみくじは良く木に結びますがどういう意味があるの?

大まかに言えば、自分にとって都合の悪いおみくじを引いた場合は、その場で内容を確認した上で、最寄りの木に結び付けてご加護をお願いすると言うのが一般的なようです。
その際のおみくじが大吉であっても大凶であっても、自分にとって良い内容のおみくじは持ち帰った方が良いとも言われています。
また、一説では、凶や大凶のおみくじは、引いて内容を確かめた後に、その場で木に結び付ける事によって、良くない運勢をその場に留めて、吉に転じるようにと願うと言う説もあります。
その他の説では、縁を結ぶと言う意味を込めて、どのような結果のおみくじであっても縁を結ぶ為に、木に結んで帰ると言う風習もあるようです。
明確な意味は様々な説があってはっきりしないところがありますが、トータルで見ているとおみくじは、自分の都合によって木に結んだり持ち帰ると言うのが良いように思います。

変わったおみくじは日本全国にあります

例えば、熊野那智大社のように大きな1メートルくらいの筒から番号の付いた棒を引き出すようなものもあれば、焼き菓子の中におみくじが入っていると言うものもあります。
一般的なおみくじと言えば、30センチ程度の筒から番号の付いた棒を引き、その番号のおみくじを貰うと言うタイプが多いと思いますが、七福神の誰かがおみくじに入っていたり、その年の干支の守り神や神社や寺院の守り神が入っているおみくじもあるようです。
金運に良いおみくじの場合は、蛇や竜が入っている事も珍しくないようです。
大きさだけでは無く、おみくじの種類は多岐にわたり、様々な意味で楽しんで引けるようなものが全国で展開されています。
血液型と性別と星座を組み合わせて引くようなおみくじもありますし、ちょっと占いとかぶるようなおみくじも多く存在しているのです。

おみくじは占いを信じない女性でも手軽にトータルの運勢を知る事が出来る

占いと言うと胡散臭い印象を持っている女性でも、おみくじなら気軽に手軽に、自分の運勢を知る事が出来、都合が良くない内容のおみくじなら木に結んで帰ってしまおうと言う事も出来るので、結果が気になる女性も多いようです。
おみくじというのは信じるも信じないも自由でありながら、寺院や神社で発行しているものなので、どこのだれかわからない占い師に鑑定してもらうよりも身近に感じる女性も多いようです。
良い運勢を引き当てたなら、是非そのおみくじを身近に持ち歩き、その運勢が現実となるように財布等に入れておきたいものです。